自分の時間を作りたい方をサポートする時短情報サイト

毎日必要な料理こそ時短の最優先目標

毎日の家事である料理を時短しよう

料理は、掃除・洗濯と並んで優先度が高い家事であるものの、掃除や洗濯のように一定量をため込んでまとめてこなすといった対策が取りづらい家事であり、精々が食器のため洗い程度しかできないために掃除と洗濯よりも優先されるだけでなく、純粋に食事の摂取が生活以前の生存に必要不可欠であることから、家事としての優先度で両者に勝っていると言えるでしょう。

よって、毎日こなすことが望ましい家事どころか毎日こなさなければならない家事である料理の時短こそ、家事の時短には最重要であり、優先度よりも確保できる時間を重視した場合であっても、料理が占める家事割合時間の高さを考えると、料理の時短がやはり有効であることは間違いありません。

料理を時短する具体的な方法

基本的に料理は、食材の購入・調理・食器洗いの3工程からなる家事であり、それぞれの工程が相応の時間を要することから、最も時間を要する家事となっていますが、逆に考えれば、3工程もの時短の余地を持つ家事であるとも言え、いずれの工程を時短しても確実に総時間の削減が狙えるのです。

具体的に言及してみると、食材の購入の場合、冷蔵庫並びに冷凍庫の容量を把握した上でのまとめ買いと通販による食品の購入時間の短縮、調理なら茹でる工程を電子レンジで代用、レトルト食品や冷凍食品の料理利用や純粋に食事利用、食材のまとめ切りと冷凍保存による後日の料理への流用などが、食器洗いは、主食と副菜をワンプレートにまとめる食器の枚数削減、共働き家庭での食洗機利用といった工夫の余地があり、メジャーながら、きちんと実践すれば、明確に時短効果を生みます。


この記事をシェアする