自分の時間はつくるもの!家事をラクにする工夫あれこれ

自分の時間を作りたい方をサポートする時短情報サイト

家事を時短して自分の時間を作る

時短は時間の価値に重きを置かれ始めたことで生じたものであり、時短の目的はあくまで時間の効率的な使用にあるため、そこに目的がなく、ただ単に自由な時間を生み出したのでは時短の意義は薄れてしまいますので、時短、すなわち時間の効率化を試みるのであれば、事前にある程度目的をはっきりさせておかないと、時間を作るための時間の効率化という時短が、手段ではなく目的と化し、ストレスの原因になることもあることを踏まえ、ストレス要因になることを避けるためにも、時短に取り組むのなら何のために時間が欲しいのかをはっきりとさせておかなければなりません。

もちろん、自由に使える時間は多ければ多いほどいいと思われる方に関しては、趣味を含め時間を費やしたいことがあるのでしょうから、問題はありませんが、基本的に時間の効率化は自縄自縛を自分に課すことが求められる自主的なルール設定の側面を持つことから、学校の校則や会社の社則に対して束縛感を感じるタイプの方にとって、新たなストレスになりかねず、非効率的であってもストレスを感じずに家事をできるのなら、時短にこだわるべきではないのです。

結局のところ、時短の目的は自分の時間を得ることで、ストレスを発散したり、勉強したりといった目的に加え、ただボーっと過ごすだけの時間を作ることにあるため、時短で生じた時間の再配分に失敗して、かえって生活と自由な時間が圧迫されるような事態を招くことだけは避けてください。

時短の意義と自分の時間の使い方

自分のための時間を捻出するにあたって、削減できる時間は削減しなければなりませんが、家族との触れ合いを減らしたり睡眠時間を削ったりするような不健全な時間の作り方よりも、家事のように工夫次第で短縮可能な日常の家事の時間を時短することで自由時間を作りませんか。

毎日必要な料理こそ時短の最優先目標

料理・掃除・洗濯といった家事時間の割合が大きい家事の中でも、料理はかかる時間、労力共に非常に高いだけでなく、食事という生命維持の関係上、毎日の生活で必要な行為に関係する家事であるために毎日を行わなければならず、家事を時短する際に最優先すべき目標です。

優先度の高い家事を効率化して時短につなげよう

掃除と洗濯は料理に次いで家事時間の割合が大きい家事であり、家事の時間を短縮することを目指すにあたって積極的に時短の対象にするべき家事であると言え、効率化を図ったりするだけでなく、収納の工夫による家事の総合的な時短を意識したアプローチを行ったりしていくべきでしょう。